赤ちゃんのよだれかぶれが治らない!治し方は?使える薬は?

 

 

抱っこして、気が付けばママの服までよだれでびっしょり・・・

 

そんな経験をした事のあるママは多いはずです。

 

でも、口元が赤くなって、かぶれてくると心配になりますね。

 

 

昔は、おじぃちゃん、おばぁちゃんと一緒に暮らしていたから、

 

よだれが出ても「元気な証拠!」で済まされていましたが、
今は、そんな家庭も少なくなりましたね。

 

その代わり、この様なネットでの情報は沢山あります。

 

そこで、まず、何故よだれがでるのか調べてみました。

 

 

>>よだれかぶれのお悩みを解決する保湿剤なら♪

 

 

 

よだれが出るのは何故?

 

 

赤ちゃんは、どんな時でも、
よだれを出しているイメージがありますが、

 

どうして口の外まで唾液が出てくるのでしょうか?

 

 

原因は幾つかあって、まず赤ちゃんは、

 

口の周りの筋肉も発達しておらず、
口をしっかり閉じると言う機能も十分ではない為、
口を閉じる力が弱いと言う事があります。

 

 

そして、出て来た唾液を飲み込むと言う事も
理解していないので、唾液が口の外まで出て来るのです。

 

 

また、赤ちゃんの身体は抵抗力も弱い事から、
色んな菌から守る為に唾液を沢山出して、
身体の中に悪い菌が入ってくるのを防いでいます。

 

 

更に、口の中を常に湿らせておいたり、
消化を助けたり、口の中の粘膜を守る役割もあります。

 

 

 

気になるよだれの状態

 

 

赤ちゃんのよだれの量や、
何時まで出るのか、と言うのは個人差があるとは言え気になる事の一つですよね。

 

そこで、よだれの量など、
気になる点を調べてみました。

 

 

 

*よだれが臭う

 

いつもより、よだれの臭いが気になる、
と思った時は、よだれの量が減っているのかも知れません。

 

赤ちゃんにとって唾液は、
菌から守ってくれる物でもあるので、
よだれが減ると雑菌が増えてしまい、臭いの元になる可能性があります。

 

 

ですから、よだれが十分出るように、
水分をちゃんと摂取しているか気を付けましょう。

 

また、夏場など汗をかきやすい時期は特に気を付けてあげて下さい。

 

 

 

 

*よだれが泡立つ

 

いつもは、一本の糸のように垂れていたよだれが、
ある日泡立っていた、もしかして病気なの?と心配になるかも知れませんが、大丈夫!

 

これは、赤ちゃんが口の中を動かして遊んでいる時です。

 

可愛いですね。

 

 

 

*よだれの量が少ない

 

昨日までは、よだれが出ていたのに、
急に出なくなった、と言う時は、脱水症状になっているかも知れません。

 

赤ちゃんの様子を良く見て、
少しでもおかしいと思ったら水分補給をしましょう。

 

それでも、様子がおかしかったら
病院へ連れて言った方が良いかもしれません。

 

 

 

*よだれの量が多い

 

先程と全く逆で、よだれの量が突然多くなった時は、
口内炎や、舌炎、扁桃腺の腫れ、などのトラブルがあるかも知れません。

 

そんな時は、口の中を確認して下さいね。

 

 

また、口呼吸が増えた時も、
口の中が乾かないように、唾液を沢山出す事もあります。

 

 

そんなよだれで赤ちゃんの口元がかぶれてしまったら・・・

 

ここからは、かぶれの原因を説明していきます。

 

 

 

 

よだれかぶれの原因

 

 

赤ちゃんのよだれが出る時期や、出る量は個人差がありますが、
大体生後2ヶ月位から出るようになり、
段々唾液の量も増え、口の外に流れて出てしまいす。

 

 

そして、赤ちゃんの皮膚は繊細な為、
口の周りに付いたよだれをそのままにしておくと、
唾液に含まれる消化酵素などでかぶれてしまいます。

 

 

また、少しの刺激で肌に負担がかかるので、
よだれを強く拭いてしまうとその刺激で肌が傷つき、
かぶれが酷くなってしまいますので押さえる様に拭くと良いでしょう。

 

 

そして乳歯の生え始める生後6〜7ヶ月位に、
よだれの量も増えてきますが、
次第に口の周りの筋肉も発達して来るのでよだれも減ってきます。

 

 

大体1〜3歳位でよだれの量も
安定してきますので、かぶれも無くなってきます。

 

 

 

よだれかぶれになったら

 

 

赤ちゃんのよだれかぶれですが、口元だけでなく、
頬や顎、首筋など、よだれが垂れている辺りまでかぶれてしまう事もあります。

 

そこで、よだれかぶれが出来たら、
それ以上酷くならない対処法をお伝え致します。

 

 

@コットンで拭き取る

 

柔らかいコットンを水に浸して優しく拭いてあげましょう。

 

拭いた後が濡れている様でしたら、
その水分も優しく取ってあげましょう。

 

どちらも、こすってしまうと、余計にかぶれが酷くなるので、
優しく押さえる様に拭き取る事が大切です。

 

 

 

Aぬるま湯で洗い流す

 

ぬるま湯でママの指で優しく洗い流してあげましょう。

 

熱いお湯だと、必用な皮脂まで
取ってしまいますので、ぬるま湯か水を使いましょう。

 

その後は、優しく水分を押さえる様に拭き取りましょう。

 

 

 

B拭いた後は保湿する

 

拭いた後、そのままにしておくと、
肌の水分が蒸発してしまい乾燥するので、必ず保湿をしてあげましょう。

 

 

 

Cスタイを小まめに代える

 

よだれで湿ったスタイをそのままにして置くと、
スタイに付いた菌で、またよだれかぶれが酷くなる場合があります。

 

ですから、面倒でも汚れたら直ぐに清潔なスタイに代えてあげましょう。

 

 

しかし、スタイの素材が合わないと言う事もあり、
中にはスタイを外したら良くなったと言う報告もありました。

 

 

この様に、よだれが出たら直ぐ拭いて清潔に保ち、
保湿をしてあげる事が一番の対策と言えます。

 

 

>>よだれかぶれのお悩みを解決する保湿剤なら♪

 

 

 

 

よだれかぶれの治し方と薬

 

 

では、先程よだれかぶれの対処法を何点かお伝え致しましたが、
それでも良くならない時、薬局などで買った薬を安心して使えるのか調べてみました。

 

 

まず、よだれかぶれには、
保湿が大切とお伝えしましたが、どんな保湿剤があるのでしょうか。

 

 

 

*ワセリン

 

薬の様に直ぐに効くものではありませんが、
赤ちゃんでも安心して使える、
炎症を抑え、殺菌作用のあるワセリンがあります。

 

塗る時は、よだれや汚れを綺麗に落として、
乾燥させてから塗りましょう。

 

塗っても、すぐによだれで取れてしまいますが、
根気良く塗ってあげて下さい。

 

 

また、ワセリンを塗る事で肌の表面に膜を作り、
摩擦や埃の刺激から守ってくれます。

 

つまり、離乳食を食べる前などにも塗ってあげると、かぶれが酷くならずにすみます。

 

 

 

*馬油

 

昔からある薬局やホームセンターでも手に入るものです。

 

火傷や肌荒れ、
あかぎれなど、色んな肌トラブルに使える薬です。

 

特徴として、馬油は人間の皮脂
に最も近い成分であると言う事から、肌に浸透し易いと言う特徴もあります。

 

 

また、肌に膜を張る事から外部の刺激から守ってくれます。

 

馬の油ですから、
もちろん赤ちゃんに使っても副作用はありません。

 

赤ちゃん用の馬油もあるようです。

 

 

他にも、ベビーローションやベビークリームなど
沢山の保湿剤がありますので、
自分の赤ちゃんに合った保湿剤を見つける事も大切になりますね。

 

 

>>よだれかぶれのお悩みを解決する保湿剤なら♪

 

 

 

それでも、改善されなかったら、病院を受診される事をお勧めします。

 

 

病院から処方される薬は、
軽いよだれかぶれなら、ステロイドを含まない、
アズノール軟膏、アンダーム軟膏、スタデルム軟膏
や白ワセリンが出される様です。

 

 

それよりも少し酷いよだれかぶれには、
赤ちゃんに塗っても大丈夫な弱いステロイドが出されます。

 

 

その中でも、ロコイドが良く出される様ですが、
ステロイドの中でも弱いタイプなので副作用も殆どありません。

 

また、エキザルとワセリンを混ぜた物も良く出るようです。

 

 

 

如何だったでしょうか??

 

赤ちゃんは、免疫力も弱い為、色んな病気をしたり、
生まれてすぐ、よだれかぶれなどの皮膚トラブルを起こしてしまいます。

 

初めての子育てで、不安や心配で一杯なのに、
中々治らないよだれかぶれ等になってしまったら、もっと不安になってしまいますよね。

 

 

でも大丈夫!

 

こうして、原因や対処法が判っただけでも、心強いですよね。

 

明日から、正しい対処法で試してみて下さい。

 

それでも、治らない時は、
病院を受診される事も大切だと言う事を忘れない様にして下さい。

 

 

 

このサイトに訪れて下さったママ達に少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

>>よだれかぶれのお悩みを解決する保湿剤なら♪