よだれかぶれにロコイドとワセリン、どう使い分けたら良いの?

 

 

赤ちゃんのよだれかぶれ、どうしてこんなに酷くなるのか、
どうしたら良いのか、悩んでしまいますね。

 

 

そこで、よだれかぶれの原因と
毎日のケアの仕方をお教え致します。

 

 

 

 

よだれかぶれの原因とケアの仕方

 

 

まず、赤ちゃんは、
どうして、あんなによだれが出るのでしょうか?

 

 

それは、赤ちゃんは、まだ口の周りの筋肉が発達していない為
口を閉じる事が出来ないという事と、
唾液を飲み込むと言う学習をしていないからです。

 

 

しかし、赤ちゃんの唾液が多いのは、
口から入ってくる細菌を防ぐ効果があったり、
口の粘膜を守ったりと大切な役割もしているのです。

 

 

また、赤ちゃんの肌は繊細で
少しの刺激でもダメージを受けやすいので、よだれかぶれが出来てしまいます。

 

更に、赤ちゃんの唾液は消化酵素が強い為、
よだれをそのままにしておくと、余計にかぶれてしまうのです。

 

 

そこで、普段からケアできる事として、
よだれが出たら小まめに拭いてあげる事、それも優しくですよ。

 

強くこすってしまうと、
それがまた刺激になってかぶれが酷くなってしまいます。

 

そして、その後保湿をしてあげる事も大切になってきます。

 

 

 

しかし、それでも治らない時は病院を受診して早く治してあげましょう。

 

そこで、よだれかぶれで病院に行くと、
どんな薬が出るのか調べてみました。

 

 

 

病院で処方される薬

 

まず、大体の病院から処方される薬が、
ロコイドと言うステロイド剤です。

 

 

赤ちゃんにステロイド!!

 

と聞くと使うのを悩んでしまうママさんも多いかと思いますが、
ロコイドはステロイドの中でも弱いほうなので、
赤ちゃんに使っても大丈夫な薬なのです。

 

 

また、ロコイド剤を使う事で、症状を早く改善出来ますし、
長い期間ステロイドを使わなくて済みますので、
必要以上に怖がって使わずに酷くなるよりも、早めに使う事をお勧めします。

 

 

また、ロコイドを使って症状が良くなったとしても、
よだれかぶれが出来る原因を理解して、

 

ちゃんとケアをしてあげないと再発を繰り返してしまいますので、
よだれが出る間は、清潔と保湿をする事を心がけて下さい。

 

 

酷くなると強いステロイド剤で無いと効かなくなるので、
早めに受診して弱めのステロイドで治していきましょう。

 

 

病院によっては、ロコイドにワセリンを混ぜて出される所もあるようです。

 

 

>>よだれかぶれに効く保湿剤ならコチラ♪